おかげさまで創業60年。カギ・金庫・防犯カメラ・護身用品・顔認証FaceID、オフィス用品・無線呼出し機「ソネット君」は大阪日本橋オリエントまで。

大阪で防犯カメラ工事やシャッター修理ならお任せ!

> 情報漏洩の原因と対策について

情報漏洩の原因と対策について

情報漏洩のほとんどは内部要因

企業には、様々な情報資産があります。顧客の個人情報や会議の資料、財務情報、新商品に関する情報などですが、どれも社外に公開できない情報ばかりです。大切な情報であるからこそ、きちんと守っていかなくてはなりません。
しかし、残念ながら情報漏洩の主な原因は、ハッキングといった外部要因ではなく、内部の人間によるメールや記録メディア、資料の持ち出しといった内部要因で、情報漏洩の全要因の約8割も占めているのが現状です。

人の手によって引き起こされる

内部要因による漏洩は、メールやFAXを送る際に宛先や添付ファイルを間違えるといった誤操作や、パソコンやUSBメモリなどデータが記録されているものを社外へ持ち出し、紛失や置き忘れをしてしまうといったことが目立っています。また、内部の人間が、現金を得る目的で情報を持ち出して売ってしまうという事件も発生しています。こうして見てみると、ほとんどが人為的要因であることがわかります。

組織全体で情報漏洩対策を

大切な情報を外部へ漏洩させないためには、社員全員の意識が重要になります。「自分でも情報漏洩を起こしてしまう可能性がある」と強く認識し、情報を取り扱う際は常に注意を払わなければなりません。また、個々に情報漏洩を起こさせないよう努力してもらうばかりではなく、組織ぐるみで取り組む必要があります。メールの暗号化や添付ファイルの容量を制限する、パソコンの持ち出しを禁止するなど、組織全体で徹底した対策を行うことが大切です。

顔認証システムによる情報漏洩防止

顔認証システムによる情報漏洩防止

物理的な情報の持ち出しに対する対策なら、顔認証システムの設置を検討されてみてはいかがでしょう。顔認証によって個人が特定されることが不正アクセスへの抑止力につながりますし、なりすましによる被害も防げるでしょう。

それに、万が一不正があったとしても、顔画像データが保存されるので直接不正を行った人物を摘発できます。
顔認証システムなら、鍵やカードを持ち歩かなないといけないという煩わしさや、紛失の心配もありません。

大阪市にある弊社では顔認証システムを取り扱っています。リアルタイムでモニター監視が行え、オフラインの状態でも勤怠や入出などのデータ管理もできます。顔認証システム導入の工事や費用に関することは、お気軽に弊社までお問い合わせください。


顔認証システムの導入なら株式会社オリエント

大阪でセキュリティー強化のために生体認証顔認証システムの導入をお考えなら【株式会社オリエント】へ。 防犯カメラ入退室管理の設置工事など、様々な防犯に関する商品を取り扱っております。 販売から工事まで、一貫して対応しておりますので、見積りもご相談ください。
また、シャッター修理や設置工事、看板・サイン製作、表札などの製作も行っております。 どうぞお気軽にお問合せください。