おかげさまで創業60年。カギ・金庫・防犯カメラ・護身用品・顔認証FaceID、オフィス用品・無線呼出し機「ソネット君」は大阪日本橋オリエントまで。

大阪で防犯カメラ工事やシャッター修理ならお任せ!

> 入退室管理システムに人気が集まる理由とは

入退室管理システムに人気が集まる理由とは

近年では、企業の情報漏洩やセキュリティに関するニュースが取沙汰されています。

そんな中で、入退室管理システムに人気が集まっているのですが、それはなぜなのでしょうか。

鍵の簡素化

情報漏洩を防止するためにも、部外者の侵入はなんとしても防止しなければなりませんが、そうなるとどうしても鍵付きのドアを設置する必要があります。

しかし、錠を管理するのは何かと煩わしく、紛失や盗難といった危険も潜んでいます。鍵を手にしていれば誰でも入室できるので、鍵を手にした何者かが侵入することも可能性としては0ではありません。
FaceIDを使った入退室管理システムは暗証番号や顔認証システム、認証用カードなどそれぞれ単体での認証だけでなく、組み合わせによる認証も導入可能です。そのため、鍵の紛失・盗難といったリスクが0であり、鍵が第三者の手にわたるということもありません。仮にカードを紛失したり、盗難されたりしても他の認証をパスできず、万全の管理体制を整えられるため、人気が集まっています。

入退室管理システムに人気が集まる理由とは 入退室管理システムに人気が集まる理由とは

確実にロックできる

入退室の権限設定

鍵付きのドアを施錠する際は、人為的に鍵を閉める必要があります。毎回人の手によって施錠されるわけですが、そうなると、小さな不注意で閉め忘れることも考えられます。 入退室管理システムであれば、人の手ではなく自動で施錠します。自動的にロックしてくれるので、入退室に関わらず、鍵を閉め忘れることが一切起こらなくなります。

入退室の権限設定

重要な情報が管理されている部屋には、より強固なセキュリティを構えるのが普通です。そのセキュリティを導入するに当たって、今人気を集めているのが入退室管理システムです。

入退室管理システムでは、セキュリティレベルに応じて入退室の権限設定を行うことができます。この設定を行うことで、必要な者だけに「部屋に入室する権限」を与えられるので、重要な情報を厳重に管理することができます。

大阪で入退室管理システムの導入をお考えなら、弊社へご相談ください。弊社では、システム導入時の工事や費用・見積もりに関するご相談も承っております。


顔認証システムの導入なら株式会社オリエント

大阪でセキュリティー強化のために生体認証顔認証システムの導入をお考えなら【株式会社オリエント】へ。 防犯カメラ入退室管理の設置工事など、様々な防犯に関する商品を取り扱っております。 販売から工事まで、一貫して対応しておりますので、見積りもご相談ください。
また、シャッター修理や設置工事、看板・サイン製作、表札などの製作も行っております。 どうぞお気軽にお問合せください。