おかげさまで創業60年。カギ・金庫・防犯カメラ・護身用品・顔認証FaceID、オフィス用品・無線呼出し機「ソネット君」は大阪日本橋オリエントまで。

大阪で防犯カメラ工事やシャッター修理ならお任せ!

> シャッター修理が必要になる劣化要因

シャッター修理が必要になる劣化要因

シャッター修理が必要になる劣化要因

シャッターは店舗設備の中でもセキュリティー面で特に有効な設備の1つです。

弊社ではシャッター修理・メンテナンスの件でご相談いただくこともありますが、こちらではシャッター修理やメンテナンスが必要になる劣化要因として「サビ」に注目しています。

シャッターの素材

シャッターの素材として良く使用される金属には鉄・アルミ・ステンレスが良く使われています。その中でも特に良く使われるものと言えば鉄ではないでしょうか。鉄の特性や加工技術が確立されていること、コスト面などから、シャッターの素材として最も数多く用いられています。

鉄の劣化要因

鉄は加工しやすい柔軟性を持っているなど、特殊な形状のシャッターに最適な素材ですが弱点もあります。特に最も気をつけるべき劣化要因と言えばやはり「サビ」が挙げられます。サビのメカニズムは水分に含まれる水素と酸素、鉄に含まれる鉄と電子イオンが化学反応を起こすことで起きるものです。

つまり、鉄製シャッター修理のサイクルを加速させないために最も避けるべきは、酸素を含んだ雨や雪などの水や湿気です。大阪近隣の気候を考えると夏場の期間に雨が多く、京都などは夏場の湿気が多いです。また大阪市内や兵庫などの都市部も熱がこもりやすいため湿気に注意が必要です。

小まめなメンテナンスで長持ちする

小まめなメンテナンスで長持ちする

鉄が錆びないようにすることはシャッターを長く大切に使うことにつながります。
そのためには、シャッターの下地となる鉄がなるべく空気や水に触れないようにする対策が有効です。

例えば、防水ペンキでこまめにコーティングするといったメンテナンスがおすすめです。
弊社でも大阪を中心にシャッター修理・メンテナンスのご相談他ドア修理を承っていますので、お見積もりなど気軽にご連絡ください。


顔認証システムの導入なら株式会社オリエント

大阪でセキュリティー強化のために生体認証顔認証システムの導入をお考えなら【株式会社オリエント】へ。 防犯カメラ入退室管理の設置工事など、様々な防犯に関する商品を取り扱っております。 販売から工事まで、一貫して対応しておりますので、見積りもご相談ください。
また、シャッター修理や設置工事、看板・サイン製作、表札などの製作も行っております。 どうぞお気軽にお問合せください。