おかげさまで創業60年。カギ・金庫・防犯カメラ・護身用品・顔認証FaceID、オフィス用品・無線呼出し機「ソネット君」は大阪日本橋オリエントまで。

大阪で防犯カメラ工事やシャッター修理ならお任せ!

> 防犯カメラの設置場所

防犯カメラの設置場所

防犯カメラの設置場所

防犯カメラは企業様や店舗様など法人向けの利用だけでなく、個人住宅での活用も注目されています。こちらではカメラ取り付け工事の際、場所選びのポイントについてご紹介します。

役割によって

防犯カメラには万が一犯罪が行われた際の証拠記録としてだけでなく、犯罪を未然に抑止するものとしての役割もあります。そのためには死角が生まれないように設置するだけでなく、確実に撮影していることをアピールできる場所であることが求められます。夜間の窃盗が多いと言われる駐車場に設置する場合などは、夜間照明がある場所など特に人から見える場所への取り付け工事がおすすめです。

目的によって

大阪は残念なことに軽犯罪が多い地域としても有名ですが、コンビニなど小売業店舗の万引き・窃盗対策として防犯カメラが重宝される場面も珍しくありません。こうした店で万引きをする側の傾向として、商品を選ぶフリをしながらなど一般のお客様に紛れようとします。つまり、一般のお客様と似たような動線の流れに沿って移動するため、その動線上を特に強化するような場所やカメラの死角となる真下や真後ろをカバーするような場所であることが求められます。

施設によって

防犯カメラはセキュリティー面の強化だけでなく、病院や介護施設などで病人・老人の深夜徘徊防止などの理由から設置工事やお見積もりのご依頼を承ることもあります。例えば、兵庫や京都にも老人ホームに入居されているご高齢者は少なくありませんが、入居者の方にとってそうした場所は日常生活をおくる場所です。

日常生活を見られているということを意識させる場所へのカメラ設置は、入居者の方にストレスを与えることにもなってしまいます。そうした施設ではプライベートな空間への取り付けをなるべく避けて、廊下や施設の出入り口など公共の場所に目立たないように設置すると安心です。


顔認証システムの導入なら株式会社オリエント

大阪でセキュリティー強化のために生体認証顔認証システムの導入をお考えなら【株式会社オリエント】へ。 防犯カメラ入退室管理の設置工事など、様々な防犯に関する商品を取り扱っております。 販売から工事まで、一貫して対応しておりますので、見積りもご相談ください。
また、シャッター修理や設置工事、看板・サイン製作、表札などの製作も行っております。 どうぞお気軽にお問合せください。