おかげさまで創業60年。カギ・金庫・防犯カメラ・護身用品・顔認証FaceID、オフィス用品・無線呼出し機「ソネット君」は大阪日本橋オリエントまで。

大阪で防犯カメラ工事やシャッター修理ならお任せ!

> 入退室管理システムの活用術

入退室管理システムの活用術

近年では入退室管理システムを設置する企業が増えてきました。この背景には、入退室管理システムの利便性の高さがあります。ここでは、入退室管理システムの活用術についてご紹介いたします。

認証ログの記録と照会ができる

認証ログの記録と照会ができる

セキュリティとして高い信頼を寄せている「FaceID」は、顔認証機能を搭載した入退室管理システムです。
従業員の「顔」がパスワードとなるため、部外者の侵入を確実に防げるほか、入退室の蓄積された情報は期間、所属、氏名、部門、カテゴリなどの条件で検索することができます。また、CSVデータで出力することも可能です。

 

勤怠管理にも役立てられる

スタッフの入退室状況を全て明確にできるため、勤怠管理にも役立てられます。従来はセキュリティと勤怠管理は分断されているのが当たり前でしたが、FaceIDを導入することで、この二つを一元化させることが可能です。パソコンで閲覧できるスタッフマスタ管理画面では、スタッフの追加・削除も簡単に行うことができます。

また、顔認証となっているためタイムカードなどを使用することがございませんので、打刻漏れによる業務の煩雑化なども未然に防ぐことができます。

部屋のセキュリティ管理も

FaceIDは出入口に設置することで外部の者をシャットダウンし、スタッフの入退室・勤怠管理を行うことができます。では、FaceIDを二ヶ所に設置するとどうなるでしょうか。先述しました通り、FaceIDはパソコンにリアルタイムの入退室状況を表示させることができます。これはLAN環境が整っていなくても可能ですが、LAN環境を整えることで、ひとつのパソコンで全てのFaceIDの情報を管理できます。

例えば「会社の出入口」と「重役のみが入室できる部屋」の二つにFaceIDを設置したとします。LAN環境が整っていなければ一部屋ごとにパソコンが必要となりますが、LAN環境さえ整っていればひとつのパソコンで全ての情報を管理できるのです。

このように、FaceIDには様々な活用方法があります。大阪でFaceIDの設置・導入をお考えなら弊社へお任せください。弊社はFaceIDの代理店ですので、設置工事についても承っております。


顔認証システムの導入なら株式会社オリエント

大阪でセキュリティー強化のために生体認証顔認証システムの導入をお考えなら【株式会社オリエント】へ。 防犯カメラ入退室管理の設置工事など、様々な防犯に関する商品を取り扱っております。 販売から工事まで、一貫して対応しておりますので、見積りもご相談ください。
また、シャッター修理や設置工事、看板・サイン製作、表札などの製作も行っております。 どうぞお気軽にお問合せください。